イミダペプチド モニター

イミダペプチドのお得な「94%実感モニター」はコチラ

イミダペプチドの広がる可能性

読了までの目安時間:約 2分

 

イミダペプチド

認知症予防

「脳の記憶力が改善」という記事が2016/03/10付の毎日新聞に掲載されました。

認知症予防、進行抑制に期待されています

東京大学大学院の久恒辰博准教授が2015年に60~78才の健康な高齢者のボランティアで実験を行いました。片方のグループにはイミダペプチド成分を500mg×2/日、もうかたほうにはプラセボ(偽薬)を摂取してもらいました。

 

遅延再生言語性記憶(時間が立つと見聞きしたことをすっかり忘れてしまうアルツハイマー型認知症の障害のひとつ)が著しく改善しました。

 

血液検査の結果、炎症性サイトカインの減少が確認されました。アルツハイマー型認知症の方の脳内では炎症性サイトカインの量が著しく増加することが分かっています。炎症性サイトカインが増加すると炎症を促進してしまいます。

 

また、MRI検査では後帯状皮質領域の脳血流減少の抑制が確認されました。アルツハイマー型認知症の方の後帯状皮質領域付近では脳血流が減少することが分かっています。
後帯状皮質は頭部のほぼ中心にあります。

 

このようにイミダペプチドをプラセボ食群と比べて顕著な改善がみられました。
要約書はこちら

 

超高齢化社会の到来はすぐそこまで来ています。それにつれて認知症の患者も増え続けています。いくら長生き出来ても寝たきりや認知症になってしまっては幸せとは言えません。上記のデータによりイミダペプチドがアルツハイマー対策として一筋の光明となることが期待されます。

 

イミダペプチドニュース    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: