イミダペプチド モニター

イミダペプチドのお得な「94%実感モニター」はコチラ

鶏胸肉は酵素の力で劇的に美味しくなる!?

読了までの目安時間:約 4分

 

マイタケ

昨日(2016/04/27)のNHKの「ガッテン!」でイミダペプチドが紹介されていました。鶏胸肉は安くて最近注目の成分、抗疲労効果のあるイミダゾールジペプチドが豊富であるがパサパサしていて味はおいしいとは言えません。

 

そこでどうすれば美味しく食べられるかを「ガッテン!」が解明してくれました。「ガッテン!」は4月に「ためしてガッテン」からリニューアルされました。

 

この番組も毎回タイトルは強烈ですが内容は毎回タイトル通りとは限りません。今回はリニューアルしたばかりとあってとっておきの情報を出してきたのではないでしょうか?

 

最初は、パルスパワー(衝撃波)とか電流を流すなどして肉を柔らかくするあまり実用的でない方法が紹介されます。

 

次に以前から知られていたショウガや重曹やヨーグルトに浸けてから鶏胸肉を調理してどれが一番美味しいか町の人にアンケートをしました。

 

その結果はヨーグルトが一番で重曹二番、ショウガが最下位でした。

 

そこでいよいよ真打ちの登場です。それはマイタケのタンパク質分解酵素でした。新潟県のかまぼこ屋さんが新商品としてマイタケを入れたかまぼこを作ろうとしたところ魚肉が固まらなかったことがこの発見のきっかけのようです。

 

そしてなぜ固まらないのかを調べたところマイタケには強力なタンパク質分解酵素があることが分かりました。

 

料理の仕方としてマイタケをみじん切りにして2センチほどの厚さに切った胸肉を絡めて90分ほど寝かせてから調理する方法とジプロックに大さじ1の水、小さじ1の砂糖、小さじ1/4の塩と鶏肉を入れてよく揉み込み冷凍して使う方法が紹介されていました。

 

冷凍する方法は解凍する際にも20%くらい柔らかくなるのでマイタケ酵素と合わせてダブルのやわらか効果があります。

 

番組中に出されたマイタケにつけて調理した鶏胸肉を食べた大島麻衣さんの感想は「唇が柔らかい人と接吻をしているくらい柔らかい」とのことでした(笑)。

 

最近味の素から「お肉やわらかの素」というのが発売されて使ってみましたがこれもかなりのものでここで紹介したようにすぐれものでした。

 

この商品には「パイナップルに含まれるお肉やわらか成分と同じ働きの酵素がお肉を柔らかくします」と書いてあります。

 

パイナップルの酵素とは書いてないのですよね。ということはもしかしてマイタケの酵素かもしれませんね。マイタケで美味しくなると知れ渡ったら売れなくなっちゃいますからね。

 

ただ、「ガッテン!」では90分くらい寝かせると言っていましたが「お肉やわらかの素」の場合5分以上とあるところがすごいです。実際に10分くらい寝かせて作ったところかなり美味しかったです。

 

マイタケ酵素を使った鶏胸肉料理も近々、実際に作ってみて「鳥の胸肉レシピ」の方で紹介します。お楽しみに。

 

イミダペプチドニュース    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: