イミダペプチド モニター

イミダペプチドのお得な「94%実感モニター」はコチラ

鶏肉の梅ソース

読了までの目安時間:約 2分

 

「IMIDA+」秋号が届きました。そこに載っていた「鶏肉の梅ソース」を作ってみました。
材料
きゅうり 1本
梅干し 2個
鶏胸肉 1枚
長ネギ 1/2本

 

1.きゅうりをピーラーで薄切りにします。
きゅうり

 

2.ネギを縦に細く切り白髪ネギにします。
ねぎ

 

3.フライパンにサラダ油を引いて熱し鶏肉を表と裏それぞれ3分ほど焼き焼き色を付けます。
鶏肉

 

4.鍋に醤油大さじ3、みりん大さじ3、だし汁2カップを入れ3で焼色を付けた鶏肉を入れ表と裏ひっくり返し蓋をしそれぞれ2分ほど蒸煮にします。
蒸煮

 

5.火を止め余熱で鶏肉に火を通します。

 

6.火が通ったら薄切りにしお皿に盛りつけます。

 

7.1.2で切っておいたきゅうりとネギを添えます。

 

8.鶏肉を煮た煮汁に梅肉と砂糖を少々とごま油少々を加えたタレをかけて出来上がり。
鶏肉の梅ソース
材料も少なめで簡単に作ることが出来、なかなか美味でした。イミダもたくさん摂取できて元気モリモリ。

 

鳥の胸肉レシピ    コメント:0

カリカリ鳥天丼 レモン醤油だれ

読了までの目安時間:約 2分

 

大葉

今日はTBSの「新チューボーですよ!」
のなかのミニコーナー「未来の巨匠のMAKANAIですよ」から。

 

本編はカツサンドでしたが見た感じはこちらのほうが美味しそうでした。出演者も口をそろえて食べたいと言っていました。

 

カリカリ鳥天丼 レモン醤油だれ

材料 2人前
鶏胸肉  1枚
大葉   3,4枚
レモン  1/2個
玉ねぎ  1/2 個
にんにく 2,3かけ
ナス   2個
ビール  1/2カップ

 

【レモン醤油だれ】
醤油 200cc
砂糖 大さじ2
レモン汁 1/2個
すりおろした玉ねぎ1/2
すりおろしたにんにく お好みで2,3かけ
鍋で軽く火を通しておく

 

鶏胸肉を食べやすい大きさに切って塩を振って下味を付けておく

 

天ぷら粉にビールを入れよく混ぜる。適度の粘りになるように水で調整。
揚げ方にこだわりたい場合は冷蔵庫で冷やしておくとより美味しく揚がります。氷で冷やすのは水っぽくなるのであまりお奨めできません。

 

ナスを3,4枚に切って素揚げする。
ナス

 

レモン醤油だれに軽く付けてご飯に乗せる。

 

揚げた鶏肉をその上に乗せタレをかけ刻んだ大葉をのせて完成。
鳥天丼

 

レモンの酸味が効いていてさっぱりしていて美味しかったです。

 

大葉は100円ショップで売っている種をプランターに蒔けば春から秋にかけては売るほど育ちます。同様にバジルも簡単に育ちます。ただ、夏は毎日の水やりは欠かせません。

 

ただ、秋ごろになると葉が固くなってあまり美味しくありません。こんな感じ↓。

ooba

 

鳥の胸肉レシピ    コメント:0

チキンストロガノフ「5時に夢中!」「マツコとフミエのやっつけ晩ごはん」より

読了までの目安時間:約 3分

 

パスタ

ストロガノフとは諸説あるようですがウラル地方の貴族ストロガノフ家の家伝の一品という説があります。人の名前が由来のようです。

 

ビーフストロガノフは聞いたことありましたが(食べたことはない)チキンストロガノフというのもあるのですね。ではポークストロガノフはどうでしょうか? ググったところありました!

 

今回もレシピのネタ元は「5時に夢中!」で月曜日にやるコーナーである「マツコとフミエのやっつけ晩ごはん」からでした。調味料の分量はオリジナルです。

 

材料(2人前)
鶏胸肉 1枚
玉ねぎ 1/2個
パセリ 適量
生クリーム 200cc
ケッパー 20g
マスタード 適量
ケチャップ 大さじ2
オリーブオイル 大さじ2
塩 少々
コショウ 少々

 

1.鶏肉を食べやすいそり切りにし塩とにんにくを絡め下味を付けておく。
sio_ninniku

 

2.フライパンにオリーブオイルをひき食べやすい大きさのそぎ切りにした鶏肉を入れる。
flypan

 

3.鶏肉にある程度火が通ったら玉ねぎ、ケッパー、マスタード、ケチャップを入れる。

 

4.生クリームを入れとろみが出たらコショウを振って火を止める。
hobokansei

 

5.ご飯に乗せてみじん切りにしたパセリをかけたら完成。
kansei

 

最初、たまねぎ1/2は多過ぎないかと思いましたがぜんぜんそんなことはなくもっと入れてもよいくらいでした。

 

生クリームが入っていてこってりしているのでパセリを入れることによってサッパリ感がでます。

 

私は嫌いでないのでかなりたくさん入れました。ケッパーは初めて知りましたがなかなかどこのスーパーにもおいてなくて3件スーパーをはしごしてやっと見つけました。パスタコーナーにありました。
caper

 

278円でした。結構高いですね。
receipt

 

結構塩分が強いので場合によっては塩を少し取り除いて使ったほうがよいかもしれません。

私は洋食はあまり好きではありませんがこれはなかなかおいしくいただけました。

翌日はパスタにかけて食べました。パスタにもなかなかいけます。

pasta2

 

パスタは百円ショップで買った容器に水を入れて2時間ほど冷蔵庫で保管してから茹でました。こうすると茹で時間が1分ほどで済み食感もモチモチ感がでておいしくなります。
パスタ

 

オリジナルはこちら

 

鳥の胸肉レシピ    コメント:0

エリンギと山芋と鶏胸肉の山椒炒め

読了までの目安時間:約 2分

 

東京MXテレビの「5時に夢中」の中で月曜日に放送する「マツコとフミエのやっつけ晩ごはん」を参考に作りました。実際は鶏もも肉だったのを鶏胸肉に変えただけでほぼ放送されたまんまです。

 

材料
鶏胸肉 2枚
エリンギ 1パック
山芋 200g
山椒 少々
にんにく 2かけ

 

A
酒 大さじ1
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ1

 

フライパンにサラダ油を引きみじん切りにしたにんにくを香りが出るまで炒める。

 

eringi1
塩で下味を付け一口大に切った鶏肉を炒める。ある程度鶏肉に火が通ったら一口大に切った山芋を入れる。

 

itameru1

次に食べやすい大きさに切ったエリンギとAを入れ煮からめる。

 

itameru2
十分火が通ったら山椒をふって完成です。

 

kansei
お味は十分美味しかったですけどやはり実際のレシピ通りもも肉の方が美味しいかもしれません。

 

鳥の胸肉レシピ    コメント:0

鶏胸肉のトリチリ

読了までの目安時間:約 2分

 

「チューボーですよ!」のまかないでトリチリ丼を作っていた若き巨匠がいて美味しそうだったので作ってみようと思いました。でもトリチリ丼ではなくただのトリチリにしました。逆さにするとちりとりですね(笑)。

 

エビチリはよく聞きますがトリチリというのも結構流行っているようですね。ネットにもたくさんのレシピが載っていました。

 

結論から言うとシンプルながら美味しかったです。

 

幾つか具材のバリエーションはありますが私は次の具材で作ってみました。

 

材料
・鶏胸肉 1枚
・長ネギ 1本
・レタス 2枚
・サケ  大さじ2

 

タレ
・ケチャップ 大さじ3
・豆板醤 大さじ1
・砂糖  大さじ1
・鶏がらスープの素 大さじ1
・水   大さじ3

 

鶏胸肉を一口大に切ってサケ、塩コショウをかけ小麦粉をまぶしておきます。

 

toritiri1

 

フライパンにサラダ油を引き火を付け温まってきたら鶏肉を焼きます。

 

toritiri2

 

鶏肉に火が通ったらタレと小口切りにしたネギを入れ絡めます。タレが馴染んだら火を止め器にレタスを敷き盛り付けます。

 

toritiri3

 

ネギの青い部分を細く切って彩りを加えました。

私はピリ辛で美味しかったのですが母親(80歳)は辛いと言っていました。小さいお子さんやご高齢の家族がいる方は豆板醤を少なくするかあるいは抜きでも良いと思います。

 

鳥の胸肉レシピ    コメント:0

「冷しとり天うどん」『チューボーですよ!』より。

読了までの目安時間:約 2分

 

冷しとり天うどん

『チューボーですよ!』で「冷しとり天うどん」をやっていたので作ってみました。

 

先日ここでも紹介した「冷やし鶏しゃぶうどん」が美味しかったので作ってみました。

 

材料(2人前)

 

・鶏胸肉 1枚
・大根
・ミョウガ 2本
・長ネギ   1/2本
・万能ネギ 適量
・レモン
・うどん
・めんつゆ

 

鶏肉を食べやすい大きさに切って塩コショウしておく

 

胸肉

 

水で溶いた天ぷら粉につけて揚げる。水で溶いた天ぷら粉は冷蔵庫で冷やしておくとカラッと揚がります。氷を入れて冷やすとだんだん氷が溶けてきて水っぽくなるので良くありません。

 

あとはうどんを茹でて水で冷やしてお皿に入れます。

 

その上に千切りにしたミョウガ、小口切りにした長ネギ、万能ネギ、大根おろしを盛りつけます。

 

鶏天うどん

 

めんつゆ、レモンをかけて頂きます。わさびもお好みでどうぞ。

 

番組ではうどんもツユも作っていましたがここは出来合いのもので手抜きします。

 

食べた感想。

 

これも「冷やし鶏しゃぶうどん」同様美味しかったです。鶏肉とうどんって相性良いみたいですね。

 

番組ではレモンが良いとみんなが言っていたけど個人的には「無くてもいいかな?」といった感じでした。一方、大根おろしは「なかなか合うな」と新たな発見でした。

 

 

鳥の胸肉レシピ    コメント:0

オリエンタル風グリルチキン

読了までの目安時間:約 2分

 

こちらも「イミダプラス」に出ていたレシピです。

 

材料

 

・鶏胸肉 2枚
・塩 小さじ1/2

 

つけダレ
・カレー粉、レモン汁 各大さじ2
・ヨーグルト 1/2カップ
・一味唐辛子、おろし生姜、おろしニンニク 各少々
・トマトケチャップ 大さじ2~3

 

パプリカ 赤、黃各1/4
ピーマン 1個
玉ねぎ 1/2個

 

玉ねぎのマリネ液
・酢  大さじ1
・砂糖 大さじ1
・塩 小さじ1/3

 

つけダレに鶏肉を漬け冷蔵庫で1、2時間おく。

 

玉ねぎは細切りにしてマリネ液に浸しておく。
レシピにはなかったがバジルがプランターにあったので一緒にマリネ液に入れてみました。

 

marine

 

つけダレに浸した鶏肉をオーブンで30分ほど焼く。十分に中までで火が通ったら1.5センチほどの厚さに切ってお皿に盛り付ける。
これもレシピにはなかったがプランターにミニトマトがたくさん生っていたので一緒に添えました。

 

パプリカ、ピーマン、玉ねぎのマリネを添えて出来上がり。
kansei

 

お味の方はまあまあと言った感じではないでしょうか?

 

鳥の胸肉レシピ    コメント:0

鶏胸肉とキュウリの四川風ピリ辛前菜

読了までの目安時間:約 2分

 

イミダペプチド通信の「IMIDA+(イミダプラス)」夏号が送られてきました。
イミダプラス

その中に鳥の胸肉レシピが載っていたので作ってみました。
四川風ピリ辛前菜

 

材料

・鶏胸肉 1枚
・生姜の皮、ネギの青い部分 適量
・塩、酒 少々
・キュウリ 1本

タレ
・鶏のゆで汁、醤油、黒酢 各大さじ2
・砂糖 小さじ1
・一味唐辛子 小さじ1
・ごま油 大さじ2
・ラー油 大さじ1
・山椒 適量

 

自宅のプランターで採れたきゅうり。
きゅうり

 

鍋に鶏胸肉、生姜の皮、ネギの青い部分、塩、酒、水を入れて火にかける。
鶏肉を茹でる

 

沸騰して2、3分したら火を止め余熱で火を通す。

 

キュウリを3、4センチの長さに細長く切り軽く塩をふっておく。

 

10分ほどして鶏肉に火が通ったら食べやすい大きさのそぎ切りにして器に盛る。

 

キュウリも水気を取って器に盛る。

 

鶏胸肉の四川風ピリ辛前菜

 

食べた感想。
個人的な好みもありますが味は普通でした。タレはバンバンジーで使うようなごまだれの方が好きです。

 

鳥の胸肉レシピ    コメント:0

鶏胸肉のチキンカレー

読了までの目安時間:約 3分

 

チキンカレーを作ってみた。カレーは大好きなのですが作ると食べ過ぎて太ってしまうのであまり作りません。そして肉は本当は豚のバラ肉が好きなのですがここはお約束の鶏胸肉を使います。

 

具材、量はカレーのルーのパッケージに書いてある通りで作ります。市販のルーは十分研究されて一番美味しくなるように最適化されていると思うので特に何も足す必要なないでしょう。今回は「バーモントカレー」の中辛を使いました。

 

材料
・じがいも 中3個
・にんじん 中1本
・玉ねぎ 中4個
・鶏胸肉 500g
・サラダ油 大さじ2
zairyo

 

うちでは肉じゃがやカレーなどジャガイモが入っているものは圧力鍋を使います。簡単に芯まで柔らかくなるので。

じゃがいも、にんじんの皮をピーラーでむき食べやすい大きさ(2,3センチ角)にざく切りにする。

たまねぎも手で皮をむき1センチほどの輪切りにする。鶏胸肉もお好みの食べやすい大きさに切る。
muitayasai
圧力鍋にサラダ油を引き具材を投入し軽く炒め具材が軽く隠れる程度の水を入れ圧力鍋の蓋をして煮る。

沸騰して圧力鍋のピンが立ったら火を止めてピンが下がるのを待つ。ピンが下まで十分に下がったら蓋を開け軽くアクを取る。個人的にはアクはあまり気にしません。

 

アクは食べても苦いわけでも毒があるわけでもありません。見た目が悪いだけです。と、ここまで書いて今までテレビか何かで聞いてそう信じていましたが、ふと「本当かな?」と疑問に思い調べてみました。

 

調べてみたところ当然といえば当然なのですが具材の種類にもよるようです。結石の原因となるシュウ酸のアクが出るほうれん草はとったほうが良いようです。ほうれん草はゆでたあと水で洗うので問題無いと思いますが。

 

肉のアクは旨味として使う国もあるようなので特に毒はないようです。ただ、アクに毒性が含まれている場合であっても微量なのでそれほど神経質になることはなさそうです。

 

で、調理の続きですがルーを投入して、予熱で溶かします。その後再度火をつけ十分にルーを溶かして出来上がりです。

 

curry

お味の方はというとまぁ普通に美味しいですが個人的には豚のバラ肉の方が好みです。また、ルーも今回は「バーモントカレー」を使いましたが「こくまろ」の方が好みです。

 

鳥の胸肉レシピ    コメント:0

鳥の胸肉とパクチーのサラダ

読了までの目安時間:約 2分

 

鳥の胸肉とパクチーの相性が良さそうなので作ってみました。実はパクチーは名前だけは聞いたことがありましたが食べるのは初めてです。

ネットでは美味しいという声をよく聞くので楽しみです。

材料

 

玉ねぎ 中 半分
パクチー 一袋

 

(A)合わせ調味料
豆板醤 大さじ1
ナンプラー 大さじ2
ごま油 大さじ1

 

酒 少々

 

鳥の胸肉 一枚

 

pakuti1
鶏胸肉を少々のお酒に浸し黒胡椒をかけラップをし電子レンジでチンします。

 

しっかりと中まで火が通ったら食べやすい大きさに切ります。
pakuti2

 

薄くスライスした玉ねぎと鶏肉をお皿に入れ上に2,3センチに切ったパクチーを乗せます。

さらにその上から(A)の合わせ調味料とチンした際に出た鶏肉のエキスとお酒をかけて出来上がり。
pakuti3

 

感想。
パクチーはかなり香の強い野菜でした。好きな人にはちょっと癖になる味だと思います。私はというと食べられなくはないけどまた作りたいとは思いませんでした。

 

鳥の胸肉レシピ    コメント:0