イミダペプチド モニター

イミダペプチドのお得な「94%実感モニター」はコチラ

鶏胸肉とキュウリの四川風ピリ辛前菜

読了までの目安時間:約 2分

 

イミダペプチド通信の「IMIDA+(イミダプラス)」夏号が送られてきました。
イミダプラス

その中に鳥の胸肉レシピが載っていたので作ってみました。
四川風ピリ辛前菜

 

材料

・鶏胸肉 1枚
・生姜の皮、ネギの青い部分 適量
・塩、酒 少々
・キュウリ 1本

タレ
・鶏のゆで汁、醤油、黒酢 各大さじ2
・砂糖 小さじ1
・一味唐辛子 小さじ1
・ごま油 大さじ2
・ラー油 大さじ1
・山椒 適量

 

自宅のプランターで採れたきゅうり。
きゅうり

 

鍋に鶏胸肉、生姜の皮、ネギの青い部分、塩、酒、水を入れて火にかける。
鶏肉を茹でる

 

沸騰して2、3分したら火を止め余熱で火を通す。

 

キュウリを3、4センチの長さに細長く切り軽く塩をふっておく。

 

10分ほどして鶏肉に火が通ったら食べやすい大きさのそぎ切りにして器に盛る。

 

キュウリも水気を取って器に盛る。

 

鶏胸肉の四川風ピリ辛前菜

 

食べた感想。
個人的な好みもありますが味は普通でした。タレはバンバンジーで使うようなごまだれの方が好きです。

 

鳥の胸肉レシピ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: