イミダペプチド(日本予防医薬)が980円のお試し価格。

イミダペプチドのお得な「94%実感モニター」はコチラ

日本予防医薬のイミダペプチドが980円でお試しいただけます。

日本予防医薬のイミダペプチドドリンクは産官学連携の総額30億円にのぼるプロジェクトから誕生しました。イミダペプチドドリンクは「日常の生活で生じる身体的な疲労感を軽減する機能があります。身体的な疲労を自覚している人に適した食品です」。たしかなエビデンスであなたのヘトヘト解消の強力な後押しをします。

 

日本予防医薬のイミダペプチドが先着1000名様に限り980円でお試しできるキャンペーンやっています。通常、10本(10日分)2680円(税込み)のところ67%OFFの980円(税込み)でお試しになれます。

 

個人差はありますが10日試せば多くの方に良さを実感していただけるのではないかと考えています。
※カプセルタイプは40粒で同じく10日分です。
※イミダペプチドの一日当たりの含有量はドリンクタイプもカプセルタイプも同じですが「機能性表示食品」と呼べるのは「ドリンクタイプ」のみです。したがってこのサイトで謳っている機能(黄色のマーカー部分)はドリンクタイプのみの機能ということになります。

 

 

hetoheto


【イミダペプチドドリンク】が機能性表示食品となりました。

機能性表示食品制度は2015年4月から開始されました。以前からあった特定保健用食品(トクホ)、栄養機能食品とはまた別の制度です。食品は大きく分けて「一般食品」と「保健機能食品」の2つに分類できます。一般食品は機能性の表示が出来ません。

 

一方、保健機能食品は機能性の表示ができます。

 

保健機能食品には次の3つがあります。
保健機能食品

 

保健機能食品の中に特定保健用食品、栄養機能食品、そして今回加わった機能性表示食品があります。

 

特定保健用食品が消費者庁の許可が必要なのに対して機能性表示食品は許可は必要ありませんが一定のエビデンスを付加して届け出が必要となります。

 

一方、栄養機能食品は許可も届けでも必要ありません。すでに科学的に確認された栄養成分が一定量含まれていれば国が定めた表現によってその機能性を表示することが出来ます。

 

よって、「機能性表示食品」は「特定保健用食品」と「栄養機能食品」の中間に位置する保健機能食品と言えます。

 

「機能性表示食品」の制度が出来たことによって「イミダペプチドドリンク」は「日常の生活で生じる身体的な疲労感を軽減する機能があります。身体的な疲労を自覚している人に適した食品です」と表示できるようになりました。

 

以下のような方は試す価値があります。


    • 夏バテ気味の方
    • 十分に睡眠をとっても翌朝疲労が抜けない方
    • やる気が出なく全てが億劫に感じる方
    • 集中力が長続きしない方
    • ストレスを感じている方

ヘトヘトの原因


公式ページに詳しく出ていますが、へとへとの原因はビタミン不足や栄養不足ではありません。みなさんもうすうす感じているのではないでしょうか? 夏バテ対策にうなぎというのも完全に販売戦略です。「土用の丑の日にうなぎ」というのは江戸時代にこってりしたうなぎは夏に売れないのでなんとか売ろうとして平賀源内が編み出したキャッチフレーズです。

 

へとへとの原因を探るべく大阪市立大学など産官学連携プロジェクトが2003年に始まりました。そこでは元気の源と言われている代表的な食品成分を23種類を徹底的に検証しました。その結果もっとも高い成績を示したのがイミダペプチドでした。そしてイミダペプチドは活性酸素を効率的に抑えることがわかりました。そこでへとへとの原因は活性酸素であると判明しました。

 

このイミダペプチドが活性酸素を抑えるということの発見はとても大きな発見です。今回活性酸素がヘトヘトの原因ということが分かりましたが活性酸素ががんを始めさまざまな病気の原因となっていることは周知の事実です。今後、さらなる応用に大きな期待が持てるのです。

イミダペプチド発見のきっかけ


イミダペプチドの発見は渡り鳥がなぜ数千キロもの長距離を休むこともなく何日も飛び続けることができるのか? という疑問が発端となりました。そのわけが最近の研究により鳥の胸肉に多く含まれる成分、イミダペプチドであることがわかりました。

 

そしてイミダペプチドは渡り鳥ばかりでなく長距離を連続して運動する動物に多く含まれていることもわかりました。渡り鳥以外ではカツオやマグロに多く含まれています。

様々なメディアで紹介されています。


imide_media

つい最近でも日本テレビ「スクール革命」8/24 NHKラジオ「ラジオあさいちばん」7/16~7/17紹介されました。2015/07/14、TBS系列『ジョブチューン』でイミダペプチドが紹介されました。2015/08/8に『サタデープラス』(TBS系)にイミダペプチドが紹介されました。
まだ、知らない人も多いと思いますが今後青汁並みの全国区になっていく予感です。

以下のような喜びの体験談が寄せられています。

  • 今までのヘトヘト感がなくなりました。
  • 毎年夏バテするのに今年はしなかった。
  • いろいろ試したがこんなに実感したことはなかった。
  • 朝の目覚めが良くなりました。
  • ストレスをあまり感じなくなりました。




 

自己管理も大切

いくらイミダペプチドがヘトヘトに有効だからといって不摂生はよくありません。よく言われる次の3つには気をつけたいものです。

1.飲酒
よく「酒は百薬の長」と言われますように適量ならストレス解消にもなり健康によい効果があります。ただこの適量というのが人によっては難しいようです。きちんと管理できている人もいますが一旦飲み始めるととことん飲まないと気がすまなくなるという人もいます。これが度を越すとアルコール中毒という病気になってしまいます。お酒にはこのような危険な面もあるので注意が必要です。

2.タバコ
これは今や「百害あって一利なし」と言われているのでやめたほうが良いでしょう。私も結構長い間吸っていましたがストレス解消にはなりませんでした。ただ、習慣で吸ってしまって、たんが絡んだりして体にはよくありませんでした。今は禁煙外来もあり結構楽にやめられるようなので吸っている方には禁煙をおすすめします。

3.睡眠
仕事やプライベートで忙しくてここを削ってしまう人も多いでしょう。しかし、ここを削るのは最後にしたほうがよいでしょう。ここを削ってしまうと結局仕事の能率も落ち疲れも解消されません。サプリメントばかりに頼らず睡眠だけは確保したほうが良いです。

 

冬の健康管理


夏、身体が疲れる原因として次のことが知られています。それは単に暑いからというだけでなくエアコンの効いた涼しい部屋と屋外との温度差に自律神経がやられてしまうということです。ですからエアコンの温度を高目に設定することは環境のためばかりでなく身体にも優しいのです。

 

このように夏、外気と室内の温度差が体に悪いということは比較的知られています。でも実はこの温度差は冬のほうがあるのです。地域にもよると思いますが私の住んでいる埼玉県では外気の平均気温は7月25.1度で1月は3.6度です。ただ、外出する昼間ですと夏は33度以上で冬は9度くらいといったところでしょうか? そして部屋の温度を夏27度、冬22度とすると温度差は夏6度、冬13度となり冬のほうが夏の倍以上あります。

 

したがって冬のほうが夏より室内外の温度差による身体へのダメージは大きいと言えます。最近ではテレビでもそのことが指摘され「冬バテ」という言葉が徐々に聞かれるようになりました。

 

ですから外出の際は身体を冷やさない工夫が必要です。お手軽な方法としてはマフラーが効果的です。首には太い動脈が流れているのでそこを温めることによって体全体が暖まるのです。それでは寒さ対策を万全にしてこの冬も乗り切りましょう。

 

春の健康管理


春にかかりやすい病気も意外と多くあります。

 

まず第一にあげられるのは花粉症でしょう。花粉症はそうでない人にとっては病気とは言えないもののように感じるかもしれませんが本人にとっては非常に辛い病気です。

 

花粉症になると仕事や勉強へ集中することも困難で疲労や倦怠感にもつながります。

 

玄関前で花粉を落としたり部屋の掃除をこまめにするなどある程度の対策は出来ますが花粉から完全に逃れることは不可能なので花粉症の方は医師の診断を仰ぎ薬を処方してもらうのがよいでしょう。

 

以前の薬ですと飲んだら飲んだで睡魔に襲われこれまた仕事にならないというようなこともありましたが最近はだいぶ改善されているようです。

 

「春眠暁を覚えず」というように春はいくら寝ても眠いという不調をきたすことがあります。

 

これは冬時間から春時間へ体内時計が対応できずに起こる言わば時差ボケのようなものです。体内時計のリセットには早朝の太陽の光が有効です。

 

多少眠くても頑張って早起きし軽く近所を散歩でもすれば体内時計もリセットされ良い運動にもなって体に良いことは間違いありません。

 

また、春は気圧の差が大きいと言われています。温度の上下が体に負担をかけるのと同様に気圧の上下も体にダメージを与えます。それと卒業、入学、入社、転勤など周りの環境が変わり身体のみならず精神にも不調をきたす人が増えます。

 

いわゆる5月病と言われるものです。ひどい時にはもちろん医師の診断を仰ぐ必要がありますが、自己対策としては睡眠、食事、運動などを適度にして免疫力を高めましょう。

 

梅雨時の健康管理

「冬の健康管理」で温度差が体にダメージを与えるということを書きました。梅雨時もまた肌寒い日があったり真夏のような暑い日があったりと温度差は意外とあります。

 

また、梅雨時は湿気が多いのでカビやダニが発生しやすくなります。雨が続くと気分も湿りがちになり考えも後ろ向きになりがちです。株価なども雨の日は晴れた日よりも下がることが多いというデータもあるようです。梅雨の晴れ間には早起きし太陽の明るい光で体内時計をリセットし気分をリフレッシュすることも大切です。

 

梅雨時で一番注意が必要なことは食中毒に普段以上に気をつけなければならないということです。肉を切った包丁とまな板はしっかりと洗ってから生で食べるものを切りましょう。できれば熱湯やアルコールで除菌すればよりいっそう安全です。

 

また、余ったものは冷蔵庫で保管し、できるだけ早く食べきりましょう。食べきれないと予想できるものは別の箸やスプーンを用意して口を付けないようにしましょう。一旦、箸を付けた食べ物は口からの細菌で全く箸を付けてないものよりも圧倒的に速く腐ります。

 

ペットボトルの飲み物なども直接飲まずにコップに移して飲んで残りを冷蔵庫で保管すればずっと長持ちします。そうは言っても一旦開封したものはできるだけ早く使いきるのが鉄則です。その他ではいつでも共通のことですが睡眠をしっかりとって喫煙は控えお酒も飲み過ぎないように注意して梅雨明けを待ちましょう。

 

夏の健康管理


食中毒なども梅雨時に引き続き注意は必要ですが夏には熱中症により一層気をつけなければなりません。

 

熱中症は高温だけではなく高湿度にも注意です。湿度が高いと汗が蒸発しないので気化熱を奪ってくれないので体温が下がりにくく熱中症にかかりやすくなるのです。同様に雨の日にかっぱを着ての作業も危険です。

熱中症が疑われる症状

 

だるさ、めまい、しびれ
頭痛、吐き気、高体温
大量の発汗、または汗が出ない
筋肉の硬直、こむら返りなど。

 

熱中症の対処法

 

・太い血管の周り(首、太ももなど)を冷やす
・おでこは冷やさない。おでこを冷やすと脳が体が冷えたかと勘違いして汗を出さないように指令を出してしまう。
・水は自力で飲ませる。飲めればOK、飲めなければ病院へ連れてゆくか救急車を呼ぶ。
・衣服をゆるめて体全体をあおぐ。

 

蚊の対処法

 

また、夏は蚊などの虫に刺されることも注意しましょう。最近はデング熱などの感染症が流行っているので極力刺されないようにすることが大切です。部屋で窓を開ける際は網戸をするなどして蚊の侵入を防ぎましょう。また、侵入されてしまった時は蚊取り線香などで退治しましょう。

 

また、夜、蚊の多そうな場所(虫取りに林の中、花火大会の河川敷、公園など)へ行くときは虫除けスプレーなどで予防しましょう。夏は特に体力を消耗しやすく抵抗力も弱まりがちです。規則正しい生活を心がけイミダペプチドなどのサプリメントも活用し猛暑を乗り切りましょう。