イミダペプチド お試し

イミダペプチドのお得な「94%実感モニター」はコチラ

今話題のイミダペプチドが980円でお試しいただけます。

あのイミダペプチドが先着1000名様に限り980円でお試しできるキャンペーンやっています。通常、10本(10日分)2680円(税込み)のところ67%OFFの980円(税込み)で

お試しになれます。個人差はありますが10日試せば多くの方に良さを実感していただけるのではないかと考えています。

 

hetoheto

以下のような方は試す価値があります。


    • 夏バテ気味の方
    • 十分に睡眠をとっても翌朝疲労が抜けない方
    • やる気が出なく全てが億劫に感じる方
    • 集中力が長続きしない方
    • ストレスを感じている方

ヘトヘトの原因


公式ページに詳しく出ていますが、へとへとの原因はビタミン不足や栄養不足ではありません。みなさんもうすうす感じているのではないでしょうか? 夏バテ対策にうなぎというのも完全に販売戦略です。「土用の丑の日にうなぎ」というのは江戸時代にこってりしたうなぎは夏に売れないのでなんとか売ろうとして平賀源内が編み出したキャッチフレーズです。

 

へとへとの原因を探るべく大阪市立大学など産官学連携プロジェクトが2003年に始まりました。そこでは元気の源と言われている代表的な食品成分を23種類を徹底的に検証しました。その結果もっとも高い成績を示したのがイミダペプチドでした。そしてイミダペプチドは活性酸素を効率的に抑えることがわかりました。そこでへとへとの原因は活性酸素であると判明しました。

 

このイミダペプチドが活性酸素を抑えるということの発見はとても大きな発見です。今回活性酸素がヘトヘトの原因ということが分かりましたが活性酸素ががんを始めさまざまな病気の原因となっていることは周知の事実です。今後、さらなる応用に大きな期待が持てるのです。

イミダペプチド発見のきっかけ


イミダペプチドの発見は渡り鳥がなぜ数千キロもの長距離を休むこともなく何日も飛び続けることができるのか? という疑問が発端となりました。そのわけが最近の研究により鳥の胸肉に多く含まれる成分、イミダペプチドであることがわかりました。

 

そしてイミダペプチドは渡り鳥ばかりでなく長距離を連続して運動する動物に多く含まれていることもわかりました。渡り鳥以外ではカツオやマグロに多く含まれています。

様々なメディアで紹介されています。


imide_media

つい最近でも日本テレビ「スクール革命」8/24 NHKラジオ「ラジオあさいちばん」7/16~7/17
紹介されました。まだ、知らない人も多いと思いますが今後青汁並みの全国区になっていく予感です。

以下のような喜びの体験談が寄せられています。

  • 今までのヘトヘト感がなくなりました。
  • 毎年夏バテするのに今年はしなかった。
  • いろいろ試したがこんなに実感したことはなかった。
  • 朝の目覚めが良くなりました。
  • ストレスをあまり感じなくなりました。


 

自己管理も大切

いくらイミダペプチドがヘトヘトに有効だからといって不摂生はよくありません。よく言われる次の3つには気をつけたいものです。

1.飲酒
よく「酒は百薬の長」と言われますように適量ならストレス解消にもなり健康によい効果があります。ただこの適量というのが人によっては難しいようです。きちんと管理できている人もいますが一旦飲み始めるととことん飲まないと気がすまなくなるという人もいます。これが度を越すとアルコール中毒という病気になってしまいます。お酒にはこのような危険な面もあるので注意が必要です。

2.タバコ
これは今や「百害あって一利なし」と言われているのでやめたほうが良いでしょう。私も結構長い間吸っていましたがストレス解消にはなりませんでした。ただ、習慣で吸ってしまって、たんが絡んだりして体にはよくありませんでした。今は禁煙外来もあり結構楽にやめられるようなので吸っている方には禁煙をおすすめします。

3.睡眠
仕事やプライベートで忙しくてここを削ってしまう人も多いでしょう。しかし、ここを削るのは最後にしたほうがよいでしょう。ここを削ってしまうと結局仕事の能率も落ち疲れも解消されません。サプリメントばかりに頼らず睡眠だけは確保したほうが良いです。

 

冬の健康管理


夏、身体が疲れる原因として次のことが知られています。それは単に暑いからというだけでなくエアコンの効いた涼しい部屋と屋外との温度差に自律神経がやられてしまうということです。ですからエアコンの温度を高目に設定することは環境のためばかりでなく身体にも優しいのです。

 

このように夏、外気と室内の温度差が体に悪いということは比較的知られています。でも実はこの温度差は冬のほうがあるのです。地域にもよると思いますが私の住んでいる埼玉県では外気の平均気温は7月25.1度で1月は3.6度です。ただ、外出する昼間ですと夏は33度以上で冬は9度くらいといったところでしょうか? そして部屋の温度を夏27度、冬22度とすると温度差は夏6度、冬13度となり冬のほうが夏の倍以上あります。

 

したがって冬のほうが夏より室内外の温度差による身体へのダメージは大きいと言えます。ですから外出の際は身体を冷やさない工夫が必要です。お手軽な方法としてはマフラーが効果的です。首には太い動脈が流れているのでそこを温めることによって体全体が暖まるのです。それでは寒さ対策を万全にしてこの冬も乗り切りましょう。